お知らせ
テンプレート治療法とは
治療を受けるには
患者さまの声
Q&A
書籍紹介
相談受付
組織紹介
医療関係者はこちら
 
被災者の皆様へ
2011年5月14日更新

この度の東日本大震災により、犠牲になられた方々のご冥福をお祈 り申し上げますと共に、被災された皆様、並びにご家族の方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます。
NPO日本テンプレート研究会では被災者の肩こり、腰痛などの筋肉痛、および、頭痛などの痛みに大変有効な「割り箸の利用」をお届けし、一日も早い復旧と復興をお祈り申し上げます。なお、この内容での講演には要請があれば被災地に向かいます。

割り箸について
 そしゃく筋を伸ばしますと脳幹(中脳)が刺激され、筋肉バランスが向上します。
そしゃく筋を伸ばすには大笑い、大泣き、そして、厚めの木片やキャラメルを奥歯で軽く噛みます。
噛んでいる間、姿勢は良くなり、痛みが半減します。被災地での重労働には必ず割り箸3枚を重ねて噛みましょう。話せない以外に害はありません。

図のように割り箸を2.5cmの長さで切り落とし三枚を重ねてセロテープやティッシュでくるんで左右の奥歯で噛みます。
  
  
唾液が沢山出ますので、飲み込んで下さい(上を向くと飲めます)。筋力が増加し、腰を守る事が出来ます。その他、肩こり、頭痛、腰痛には割り箸を噛んでラジオ体操やテレビ体操を行いましょう。劇的に改善します。市販の15ミリ角の角材を切って使う方法も便利です。


ニュース
 大久保 潔重(ゆきしげ)先生(NPO日本テンプレート研究会会員・九州地区) が長崎で参議院議員選挙に当選されました。民主党、得票数352953票で小峰忠敏 氏(自民)331147票を退けました。テンプレート療法のみならず国民の健康を守 り維持し、期待に応えられる優れた人材を長崎の皆様が選択されたことを誇りに 思い、心から喜んでいます。 大久保 潔重先生は長崎大学・歯学部のご出身でボクシング部所属で、タフな肉 体と優れた頭脳の持ち主です。NPO日本テンプレート研究会との出合いは新し い歯のかみ合わせの理論(Casey M. GuzayのQuadrant Theorem)に興味を持たれ、 歯科から一般医療への貢献に、特に興味を持たれ、約10年以上のキャリアーをお 持ちです。国民のために常に新しい発想と実行力を発揮される事でしょう。


 メンバーの田賀 ミイ子先生が本を出版されました。育児書です。
詳しくは「書 籍紹介」を見て下さい。


2013年福岡テンプレート療法セミナーのご案内
8月から11月の4ヶ月40時間のセミナーにご参加下さい。
詳しくは「こちら